すすむ歯科クリニックの総合歯科ページ すすむ歯科クリニックの総合歯科ページ

求人情報

すすむ歯科ブログ

総合歯科

総合歯科とは?

総合歯科とは?

総合歯科とは、患者さんが歯科医院に通院した時に受ける治療のことです。
虫歯や歯周病の治療、義歯の作成などごく一般的な治療がこれにあたります。
当院では、出来る限りご自身の歯を残す為、削らず抜かない治療を行っています。
何事も早期発見、治療が大切です。
歯に異常が見られる場合は、お早めに受診されることをおすすめします。

当院の方針

日常の治療で最も多いのが虫歯治療です。近年なるべく歯を削らないで治そうという方向へきています。当然削る量を最小限にすることは大切なことで、そのための材料も進歩してきています。

しかし、そのために虫歯の部分を取り残してしまうと、数年後には虫歯が大きく広がってしまいます。ポイントは早期に発見し、確実に取り除き、正確に詰めることが重要です。
痛みが出てからの受診では虫歯が広がってしまっていることが多いので、定期健診の大切さがわかります。できるだけ健全な状態の歯を残すように最大限の努力をすることが必要ですが、一旦歯の奥まで細菌感染してしまった歯は病巣感染(虫歯菌が血管を通じて遠隔臓器に病変を起こす事)の原因となり全身に悪影響を与えてしまいます。

また、ぐらついて満足に咬めない状態の歯は苦痛の原因になります。治療の目的は快適に食べ物を咬める状態にすることで、どんな歯でも残すことではありません。

QOL(生活の質)を高めるために最大限の努力をしてまいります。

当てはまる方は要注意!

  • 甘いものが大好き
  • 歯ぎしりをするクセがある
  • 口呼吸が多い
  • 冷たいも・熱いものがしみる

当てはまる方はぜひ受診してください!

当院の虫歯の治療方法

1、再石灰化するのを待つ

歯周病とは?

虫歯が歯の表面にのみの場合は、再石灰化するのを待ちます。
削ったりの処置は行いません。

2、虫歯の進行を抑える

歯周病とは?

虫歯が進行している場合は必要最低限、歯を削ります。
そして詰め物やかぶせものを作成し取り付けます。

3、神経を抜く

歯周病とは?

さらに虫歯が進行している場合は、一般的によく言われる”神経を抜く”という処置をします。
”神経を抜く”という処置は、抜歯はしませんが歯がもろくなってしまいます。

4、抜歯

歯周病とは?

虫歯が重度の場合は抜歯を行い、その後義歯治療に移行します。

     

5、根管治療

歯周病とは?

虫歯が進行して歯の内部にまで細菌感染してしまった場合は、内部の感染組織を除去し、清掃、消毒をしなければなりません。
根管治療をするうえで最も大切なことは、歯の内部を無菌状態にできる限り近づけることです。
そのため当院ではラバーダム防湿や専用の防湿器具を使用して、治療の成功率向上を図っています。

当院の治療方法

当院の診療に対する考え方(年代別)

 

1. 成長期

 

脳や体が出来上がる大切な時期です。過不足なく栄養を摂取し、十分な睡眠を確保し、しっかり運動して体つくりをしなければなりません。

これらのことを生活習慣として身に付けることが大切です。口の中の衛生状態を良くする習慣をこの時期に身に付けることも大切です。

これにはご両親やご家族のご協力が必須で、一家そろって口の中の清掃をする習慣をつけていただきたいと思っています。

フッ素入り歯磨きの使用、デンタルフロスを使った歯間清掃の習慣がポイントとなります。

2. 成人期

成長期の生活習慣に問題を抱えたまま成人期に入ると、次第に生活習慣病の予兆が表れてくる時期です。

社会生活の中でいろいろな制約が生まれ、自分の理想とするライフスタイルを貫くことが難しくなります。

そこで定期的な健康チェックが必要になります。
口の中に関しても虫歯の多発、歯周病の進行は生活習慣病の予兆です。
つまりそれは、糖質の過剰摂取、栄養のアンバランスを示しています。

虫歯の原因菌であるS.mutansは腸内細菌に影響を与えることがわかってきました。
また、歯周病菌は様々な疾患の発症に関与していることが明らかになっています。
歯周病と糖尿病の相互関連はよく知られています。

しかしながらいったん口の中に住み着いたこれらの細菌は絶対に口の中から排除することはできないといわれています。

しかし、その数を減らすことはできるので、その病原性もコントロールできるわけです。そのコントロールをするのが口の衛生管理です。成長期から成人期の初期までに口腔衛生管理の習慣を身に付けておくことが非常に大切です。
毎日のセルフケア定期的な歯石歯垢(最近はバイオフィルムと言います)を除去するプロフェッショナルケアを継続することが最も重要です。

ポイントは継続することです。

3. 老年期

最近は多くの健全な歯を有している方が増加して大変良いことだと思います。そのような方々はかかりつけ歯科医をお持ちで、定期的な口のケアを長年継続されています。

症状があるときだけ受診するスタイルでは決してそのような結果は生まれません。
虫歯と歯周病はいったんなってしまうと、決して元に戻すことはできません。次第に進行して歯を失う結果になってしまいます。

不幸にしてご自分の歯を失うと食物をかみ砕く咀嚼機能が低下し、栄養状態や認知機能の悪化に繋がります。栄養状態の悪化はフレイル(虚弱)状態をもたらし、生活の質の低下や寝たきり状態への近道になると言われています。

よって、この時期は咀嚼機能をはじめとした口腔機能全般の低下を防ぐことで、栄養状態を良好に保って全身の機能低下を最小限にすることに努めなければなりません。

口の中については歯の根にできる虫歯が多発する時期ですので、定期的な口の衛生管理が益々重要になります。

© 2015 susumusika clinic.