すすむ歯科クリニックの小児矯正ページ すすむ歯科クリニックの小児矯正ページ

求人情報

すすむ歯科ブログ

子供のマウスピース
矯正

インビザラインファーストに
ついて

インビザラインファーストとは?

子供のマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン・ファースト完成物薬機法対象外)は、乳歯と永久歯の交換期の子どものためのマウスピース型矯正装置です。インビザラインファーストは、マウスピース型カスタムメイド矯正装置でNo1のシェアを誇るアラインテクノロジー社のインビザラインの小児矯正バージョンです。日本では2018年に発表された最新の治療技術のため、対応している医院はまだ数える程しかありません。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン完成物薬機法対象外)は、

  • ・透明で目立たない
  • ・取り外し可能でむし歯のリスクを下げることができる
  • ・スポーツや楽器を使うときなどでも安心してつけることができる

などのメリットがあるため、これまで主に大人の矯正治療(第2期治療)で使用されてきました。

現在では、急速な技術進歩により小学校低学年からの子供の矯正治療(第1期治療)からの使用が可能になりました。すすむ歯科クリニックでは、成人の方のみならず、小学生のお子さまにも透明で目立たない治療方法を提案しています。

インビザラインファーストの
3つの特徴

従来の小児矯正治療法とは異なる
アプローチが可能です

  • 短期間で多くの種類の
    不正咬合が治療可能

    子供のマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン・ファースト 完成物薬機法対象外)では、歯列の拡大とガタガタの歯並びを同時に治療します。

    具体的には、「顎の大きさを広げる」ことと「1つ1つの歯を動かして、歯をきれいに並べる」ことを同時に治療することができます。従来の小児矯正では別々の時期に行っていたことを同時に行うことができますので、効率よく治療を行えます。

  • 歯の動きや拡大量が予測可能

    従来の小児矯正にはなかったデジタルシミュレーションにより、全ての歯の動きを細かく予測することができます。シミュレーションソフトによって、矯正治療によってお子様の歯並びがどのように変わっていくかを治療開始前に確認できます。

    また、治療中もシミュレーション動画と比較することで治療が順調に進んでいるかどうかを細かく検証し、必要に応じて軌道修正を行います。

  • 途中で生え変わりが起こっても治療可能です

    これから生えてくる永久歯の形を予測しマウスピースにあらかじめ組み込むことで、治療途中で永久歯が生えてきても治療を中断することなく継続できます。

インビザラインファーストが
向いている方

  • お子様が矯正装置の見た目を気にされている場合
  • むし歯になりやすい方
  • 通院の頻度と回数をできるだけ少なくしたい方
  • 球技などのスポーツをされている方

インビザラインファーストのメリット

  • 透明で目立たない
  • 透明なマウスピース型の矯正装置のため、見た目に装着していることがほとんどわかりません。

    「お友達にからかわれるのが心配」など見た目に抵抗があるお子様も受け入れやすい矯正装置です。

  • 虫歯のリスクを最小限に
  • マウスピースはお子様でも簡単に取り外し可能です。

    したがって、食事や歯磨きも普段通りに行えますので従来の矯正装置と比較して虫歯のリスクを下げることが可能です。

  • 遊び、スポーツ時も安心
  • マウスピースは薄くて滑らかな素材を使用しています。

    転倒したり、ボールが顔に当たっても矯正装置が破損したりケガの心配はありません。

  • 通院回数が少ない
  • 1週間ごとにご自宅でマウスピースの取り替えを行っていただきます。

    交換するマウスピースはあらかじめお渡しいたしますので、通院は1.5~3ヶ月毎と少なめです。親御様の送迎の負担も最小限にできます。

  • 二期治療がより短期に、
    より簡単に
  • 一期治療(小児矯正)の時期に歯列の拡大だけでなく、歯のねじれやガタガタなど細かい歯の位置を行うことで、二期治療開始時の歯並びの問題を最大限に少なくすることができます。

    よって二期治療が必要な場合も、より治療期間を短くより綺麗な歯並びに仕上げることができます。

インビザラインファーストの
注意点

①1日20時間以上のアライナー装着が必要
マウスピースは1日20時間以上の装着が必要です。マウスピースを装着し忘れるなどして決められた時間の装着をしない場合、矯正期間が延びたり歯の移動に影響が出ることがあります。よって、患者様の協力がとても大切になります。

②インビザライン・ファーストは適応条件があります
インビザラインファーストの適応条件は「第一大臼歯を有し、切歯(乳歯もしくは永久歯)の少なくとも2歯が2/3以上萌出していること。

また、少なくとも3/4顎 に乳歯(C、D、E)または未萌出の永久歯(3、4、5)を2歯以上有していること」とされています。つまり、上の前歯2本・下の前歯4本が永久歯に生え変わった時期(7歳~9歳頃)が適応となります。

インビザラインファーストの
治療の流れ

治療の流れについて

従来の矯正治療と同様、乳歯と永久歯が混在する時期(小学校低学年)の「第1期治療」と、永久歯が生え揃う時期(小学校高学年~中学校以降)の「第2期治療」に分けて行います。

Ⅰ期治療では主に前歯の噛み合わせと歯並びを治していきます。その後、永久歯列が完成する中学生くらいまで保定装置を使用し、Ⅱ期治療を行うかの再診断を行います。


治療期間について

インビザライン・ファーストでは治療開始より1年半以内を目安に第1期治療を終了します。その後、永久歯が生え揃うまで保定装置を使用しながら経過観察を行い、必要に応じて第2期治療を行います。

料金表

一期治療(小学校低学年)

インビザラインファースト400,000円(税別)
調整料3,000円(税別)

二期治療
(小学校高学年~中学生以降)

※選択する矯正装置と一期治療との差額がかかります。

インビザライン850,000円-400,000円=450,000円(税別)
表側ワイヤー矯正750,000円-400,000円=350,000円(税別)
舌側ワイヤー矯正(ハーフリンガル)950,000円-400,000円=550,000円(税別)
調整料5,000円(税別)
保定装置料20,000円(税別)

よくある質問

インビザラインファーストは、上の前歯2本、下の前歯4本が永久歯に生え変わった時期が適応となります。年齢では、7歳から9歳前後で適応となる場合が多いです

埋伏している歯を牽引するケースや骨格的な受け口が顕著なケースなどは、ワイヤー装置やその他の装置を使用することがあります。

ワイヤー矯正と異なり、マウスピース型カスタムメイド矯正装置は歯の動きをマウスピース1枚あたり0.25ミリまでと細かく設計でき、マウスピースで歯並び全体を覆うため痛みはかなり軽減されます。インビザラインファーストでは、ほとんど痛みを感じない方が多くを占めます。

インビザラインファーストを
検討している方へ

インビザラインファーストは従来の小児矯正とは異なり、マウスピースだけで個々の歯の移動まで完結することができる装置です。子供の矯正ではマウスピース型の装置は従来から存在していましたが、効果は歯列の拡大のみのため、歯の細かいガタガタの改善などはワイヤー矯正が必要でした。

インビザラインファーストは2018年に発表された治療方法のため、対応している医院はまだ数える程しかありません。当院では早期にこの治療方法を導入し、とても良好な結果を得ております。また、お子様にとっても受け入れやすい装置となります。

名古屋市、天白区、緑区、日進市でお子様の歯並びにお悩みの方は、すすむ歯科クリニックへ矯正歯科初診カウンセリングにお気軽にお越しください。

 

まずはお気軽にご相談ください。

© 2015 susumusika clinic.