すすむ歯科クリニックの裏側矯正ページ すすむ歯科クリニックの裏側矯正ページ

求人情報

すすむ歯科ブログ

裏側矯正

裏側矯正について

ワイヤー矯正の装置を歯の裏側に固定する方法です。
装置が見えることに抵抗がある方、矯正治療していることを気付かれたくない方、取り外しできるマウスピース矯正の装置の管理に自信がない方におすすめです。
装置の違和感や治療期間はは表側矯正やマウスピースタイプの矯正と比べてやや大きくなりますが、装置が常に唾液に触れるため虫歯になりにくいという利点があります。

裏側矯正はほとんどのケースで治療可能ですが、上下前歯の噛み合わせが深く矯正装置が干渉する場合は裏側矯正は不向きです。

裏側矯正の治療期間

全体的な矯正で2年半から3年程度です。

裏側矯正のメリット・デメリット

メリット デメリット
・他人に気づかれにくい
・表側矯正より虫歯になりにくい
・ほとんどの症例に適応できる
・表側矯正より違和感が強い
・発音に影響が出る時がある
・ブラッシングが難しい

裏側矯正で利用する装置

リンガルブラケット矯正装置

ハーフリンガル

 

フルリンガル

 

アリアス

ハーモニー

矯正治療の流れについて

© 2015 susumusika clinic.