すすむ歯科クリニックのマウスピース型 カスタムメイド矯正ページ すすむ歯科クリニックのマウスピース型 カスタムメイド矯正ページ

求人情報

すすむ歯科ブログ

マウスピース型
カスタムメイド矯正
(製品名インビザライン 完成物薬機法対象外)

マウスピース型
カスタムメイド矯正歯科装置
(製品名インビザライン 完成物薬機法対象外)

歯に固定させるワイヤーやブラケットを使わず、取り外しができるマウスピース型の装置で歯を動かす矯正法です。
マウスピース矯正の考えは、1945年に保定用のティースポジショナーを用いて歯を動かすこできることがわかったのが始まりです。
しかし、最近までマウスピース矯正は部分的な歯の移動に限られていました。
そして、1998 年に「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン 完成物薬機法対象外)」の登場により、トータルな歯列矯正の全体または大部分をマウスピースでおこなうことが可能になりました。

現在、マウスピース型矯正装置には様々な種類のものがあります。それぞれに名前がついていますが、それらは商品名であり、単に装置を使用すれば治るというわけではありません。やはり大切なのは診断・治療計画です。最先端の治療のためには様々な理論を応用しています。その応用の1つの理論として、マルチブラケット法などのワイヤー矯正の技術を一部応用する時もあります。

当院の治療の特徴

当院では、「先の見える矯正治療」を理念に見た目の改善としてのフェイスラインや顔のバランスなどの造形的な美しさと完璧なかみ合わせによる健康的な美しさを考えた治療方法を考え、できるだけ身体的にも経済的にも患者様の負担が少なくなるような治療計画をご提案しています。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン 完成物薬機法対象外)はここ数年、爆発的に普及しています。
それまではマルチブラケット法というワイヤーによる矯正が一般的であったと思います。
ワイヤー矯正は矯正学の知識や経験がないと施術が困難であるため、主に矯正専門の歯科医師が行います。

それに対し、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン 完成物薬機法対象外)は米国のアラインテクノロジー社が提供するクリンチェックというシミュレーションソフトがある程度の治療計画を立ててくれます。よって、矯正専門の歯科医師でなくても矯正治療を行えるというイメージが先行し、多くの歯科医院に普及していきました。

しかし、全てのケースでマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン 完成物薬機法対象外)が適応できるわけではありません。 
ワイヤー矯正の技術を一部応用することで適応範囲を広げることもできます。 
矯正治療で最も大切なのは「診断」です。クリンチェックによるシミュレーションは大変画期的なものですが、矯正治療の専門的な知識を基にした治療計画の修正が必ず必要であると考えています。

当院では最新の「iTero element」を完備

初診カウンセリングの際に使用する機械で、以前より格段にスピーディーに型取りが可能になりました。
嘔吐反射などでお困りだった方もiTeroなら安心です。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

iTeroについて詳しく見る

マウスピース型矯正歯科装置の特徴

1. 取り外しができて衛生的 

ワイヤーによる矯正は常に歯にワイヤーをつけたままにしているため、歯磨きが難しく、虫歯になってしまうがありますが、透明なマウスピースを用いた見えにくい矯正は取り外しが可能なため、衛生的です。 

2. 食事制限がない 

装置は取り外しが可能なため、食事の際に外すことができ、矯正をはじめる前と同じように食事を楽しめます。 
目立たない 
透明なマウスピースによる見えにくい矯正装置はワイヤーの矯正とは違い目立ちません。 

3. 痛みや不快感の軽減 

透明なマウスピースによる見えにくい矯正装置は、口内炎などの症状や、不快感は従来のワイヤー矯正と比較してかなり軽減されています。また、マウスピースは薄くてなめらかですので口の中でも異物感が少なく、会話がスムーズにできます。(個人差があります)

4. 始める前に結果のイメージがわかる 

コンピューター上でシミュレーションを行い歯の動きをチェックしますので、どのように歯が動いていくのか、マウスピースをいくつ使い、どのくらいの期間で終わるのかがわかります。 

5.金属アレルギーの心配がない 

マウスピースの素材はプラスチック様の素材です。非金属であるため、金属アレルギーの心配がありません。

治療期間について

部分矯正で約半年〜1年、全体矯正で約2年〜3年です。 
マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン 完成物薬機法対象外)に年齢制限はありません。当院では、中学生〜60代の方まで幅広い年齢層の方が選択されています。

当院で使用する装置

製品名:インビザライン

最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術や CAD/CAM(光造形)等の最先端技術を融合させた、新しいアプローチの歯科矯正治療システムです。

これまでに全世界で累計600万人以上の患者様がマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン 完成物薬機法対象外)による治療を受けています。 

この装置はアメリカで 1998 年に開発され、2001 年にヨーロッパで導入開始。

その後オーストラリア香港、アジア、韓国と導入され日本では 2006 年から導入されました。 そして、「クリンチェック」とよばれる3次元シュミレーションソフトを通じ、 米国アライン社独自の最先端の CAD/CAM(光造形)技術を用いて、マウスピースを作製します。

矯正治療の流れについて

 

© 2015 susumusika clinic.